出産後のからだの痛み

 妊娠・出産を経験することで、骨盤まわりの女性特有の臓器に変化や痛みを感じることがありますが、その他のからだのさまざまな部位にもあらわれる症状があります。

 

 

 

腰痛

 妊娠・出産を経験した多くの女性は、増加した体重や、大きなお腹が負担となって腰痛になります。1番の原因は、妊娠中に無理な姿勢をすることが多くなるためです。どんどん大きくなる子どもを抱っこしたり、おぶったりすることが増えると、さらに腰痛が悪化することが考えられます。腰痛に効くストレッチなどをして、改善するようにしましょう。

 

 ただし、起き上がれないほどの痛みや、子どもをおぶったりするときに激痛があるようでしたら、椎間板ヘルニアの可能性もありますので、整形外科で受診してみてください。

 

椎間板ヘルニアのこと

 椎間板ヘルニアは、きちんと治療をしないで放っておくと、痛みがひどくなったり足が麻痺してしまう可能性があります。そして、診断のためにはX線撮影をしますので、妊娠中の検査はおすすめできません。すぐに次の妊娠を望んでいるのであれば、早目に検査と治療をするのがよいでしょう。

 

関節痛

 産後のお母さんの症状で多いのが関節痛です。腰や肩の痛みをはじめ、膝や足首の痛み、手のしびれといったのが主な症状ですが、原因の多くがお母さんの体重増加となっています。
 妊娠中の体重の増加は、腰だけでなく膝や足首にも少しずつ負担になっています。理想的といわれている体重の変化でも8キロ前後は増えるため、体への負担も当然かもしれません。さらに産後は、どんどん大きくなる子どもを抱っこしたり、運動不足から筋力も衰えがちになるため、からだのあちこちが痛くなります。

 

 痛いからとからだを動かさないようにするのではなく、運動する習慣をつけることで、筋力アップとダイエットをして元気に子育てをしたいものです。

 

 

 

虫歯

 妊娠・出産すると虫歯になりやすいといわれていますが、きちんとした根拠があります。まず、妊娠中のつわりの症状のひとつとして、歯を磨くと気分が悪くなることがあるため、歯磨きがうまくできなくなって虫歯の原因となります。また、吐きづわりだと空腹になると吐き気が起きるため、間食が多くのなるのも虫歯の原因のひとつです。
 さらに妊娠中は、赤ちゃんの成長のためにカルシウムが必要となるために、お母さんのからだはカルシウムが不足がちになり虫歯が悪化しやすくなるのです。出産後も母乳を与える場合は、大量のカルシウムが必要になりますので、虫歯が悪化しやすい状況は続いていくことになります。
 妊娠中からカルシウムを多く摂ることを心がけて、虫歯を少しでも予防しましょう。