妊娠前の体重にもどしましょう

 出産・授乳後はからだのはたらきが、妊娠前の状態に戻っていきます。それとともに体重ももとに戻ることが理想的です。

 

 

 

産後のダイエット

 妊娠中に増えた体重は、出産後自然にもとに戻っていくものですが、もとの健康的な体重になるためにはダイエットをすることが必要なこともあります。産後は子どもを抱っこする機会も多く、体重が増えたままだと腰や膝への負担が心配ですし、体力や体調の回復スピードも遅くなりがちです。

 

 

出産後の体重増加は要注意

 出産後に体重が増加するなどして肥満傾向にある場合は要注意です。産後の体重増加によって、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になってしまう可能性もあるからです。
 また、もし次の妊娠を考えているのであれば、妊娠・出産のリスクが高くなってしまいますので気をつけてください。そもそも太りすぎの場合は妊娠しにくいのですが、妊娠中には妊娠高血圧症などのリスクが高まり、出産においては早産などのリスクが高まってしまうのです。

 

産後のダイエットのポイント

 出産後すぐは体力が落ちています。ダイエットをはじめるのは、1か月健診で健康状態に問題がないといわれてからにしましょう。
 ただし授乳中はプラス700キロカロリーが必要なので、無理に食事制限をするのではなく、消費するエネルギー以上のカロリーは摂取しないようにするのがポイントです。また、離乳食がはじまったら、お子さんの食べ残しをつい食べてしまうというお母さんもいますが、もったいなくても残り物を食べるのは控えましょう。

 

 

 

おすすめのダイエット法

 出産後は体力回復や授乳のためにも、たくさんの栄養素を摂取する必要があるため、食べ過ぎてしまってダイエットがうまくいかないこともあります。そのようなときは、食事をすべて書き出してみるのがおすすめです。
 どのくらいカロリーオーバーしているかや、減らさない方がよい栄養素や、脂質や糖質などの減らした方がよい栄養素をどのくらい摂取しているかがわかるようになるからです。
 間食も含め、トーストに塗ったジャムやバターなど、詳しく書き出すようにしてください。

 

精神的な要因で過食ぎみになることも

 両親が離れた場所に住んでいたり、近くに知り合いがいないなど、育児をひとりで抱えてしまっていると精神的に疲れてしまいます。また、赤ちゃんとの生活がはじまって夫とのすれ違いが増えることが、ストレスの原因になることも。

 

 ストレスなどの精神的な要因で、甘いものがやめられなくなったり、夜中に何か食べなくてはいられなくなったりすることがあります。ダイエットがうまくいかない理由に、精神的な要因が思い当たる場合は、育児以外の自分の時間を大切にするよう心がけてください。夫が休日のときは赤ちゃんを任せて、短時間でも外出するなど、夫婦で協力することが大切です。